◆日焼け
柑橘系の精油は肌につけたあと、太陽にあたると赤くなったり、発疹やシミ・そばかすの原因になります。オレンジ、レモン、ライム、グレープフルーツ、ベルガモットなどがこれにあたります。これは柑橘系の精油の持つ光感作用のためです。ですから肌に使用する場合は夕方や夜にし、できるだけ日光の当たらない部分などに使いましょう。また日光のあたる部分に使った際は、使用後12時間以内は直射日光に当たらないこと。就寝前の使用がいいでしょう。

戻る

Copyright(C)2006
URUOI-CAFE.INC