◆アレルギー
精油は天然の成分なので、化学合成物質よりはアレルギーなどが起こりにくいともいわれていますが、体質や精油の種類によっては、皮膚刺激を受ける場合があります。必ず肌につける前にパッチテストを行ってください。腕の内側に1%以下に薄めた精油を塗り、30分後に肌の状態を見ます。赤くなったり、かゆくなり、ふくらんだりすると、アレルギーの可能性があります。念のため、薄めるために加えるベースオイルでもテストしましょう。また、パッチテストではOKでも、精油の中に光毒性(光刺激=紫外線刺激でアレルギーを起こす)があるものも。ベルガモットやレモンなどの柑橘系の精油は光毒性があります。肌に使用した直後に日光に当たるとシミができたり、赤くはれる場合も。テストをしたうえで、精油の特性を理解して使用しましょう。

戻る

Copyright(C)2006
URUOI-CAFE.INC