◆妊娠中の使用
アロマテラピーは心身ともにリラックス効果があるため、精神的にも不安定になりやすい妊娠中には使用する場面があるかもしれません。ただしこの時期の女性の体は非常にデリケートなだけに、精油の使用には注意が必要です。精油の中には、妊娠中の使用を控えるべき精油があります。一部の精油には通経作用、ホルモン作用、子宮収縮作用が認められています。これらの作用は、母体に影響を及ぼす可能性もあるので使用しないでください。
使用できない精油:キャロットシード、クラリセージ、ジャスミン、タイム、バジル、フェンネル、ペパーミント、マジョラム、ミルラ、メリッサ、ラバンジン、レモングラス、ローズマリー、サイプレス、シダーウッド、シナモン、ゼラニウムなどがあります。(他にもあるので、使用の際は必ず医師に相談すること)

ただし芳香浴に関しては、体内への摂取量が微量であるため、それほど神経質になる必要はありません。

戻る

Copyright(C)2006
URUOI-CAFE.INC